ベンチカット

    岩盤の掘削工法の1つ。岩盤の斜面が階段状になる様にまず小量の掘削を行い階段ができたら、階段最上部の段の上にさく岩機を置き段の高さに等しい孔長で、段の鉛直面に穴の1列が平行になる様に穴ぐりを行い1列ずつ爆破していく。ズリはブルドーザでかき落し、ローダで積込むのが普通である。最上段を爆破し終ったら2段目に下って同様な作業で順次下に向って掘削していく。この様な工法をベンチカット工法という。