コンクリート吹付機 こんくりーとふきつけき

  shotcreting machine(湿式), gunning machine(乾式) 

トンネル工事(NATM工法)、法面保護工、建築補修などのために、コンクリートを吹き付ける機械で、圧縮空気でセメント、砂、砂利、混和材などを搬送し、途中で水を加える乾式と水を加えたすべてのコンクリート材料を練り上げたものをコンクリートポンプで圧送した後、圧縮空気で施工面に吹き付ける湿式がある。また、吹付け方式は、圧縮空気による吹付ノズルを用いるのが一般的であったが、近年、粉塵発生量及びリバウンド量の少ない、高速回転するインペラの遠心力によって投射圧着させるロータリ吹付機も使われるようになった。また、悪環境を避け、省力施工を行うためコンクリート吹付ロボットも開発利用されている。